サクセス 育毛

サクセスで育毛できるのか?言葉のマジックに騙されるな!

MENU
RSS

サクセスに大きな期待は禁物?

サクセスはTVCMなどね「薬用シャンプー」と放送していますが、おそらく大半の方は「育毛」に効果があるのかな?なんてイメージを持っていると思います。

 

そのサクセスシャンプーの有効成分を見ていみると

ピロクトンオラミン、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、エタノール、アルキルグリコシド、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、POE(16)ラウリルエーテル、メントール、POE(3)ラウリルエーテル、ユーカリエキス、POEアルキル(12〜14)エーテル、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、無水クエン酸、BG、香料、青1

になっているのですが、一番最初に書かれている「ピロクトンオラミン」には実は育毛効果はありません。

 

このピロクトンオラミンには殺菌効果や毛穴の皮脂分泌を抑制したり、ふけやかゆみをを防ぐ効果はあり、頭皮の状態を髪にとっていい状態に導くための成分です。

 

頭皮の状態を良くし抜け毛などを防ぐには最適ですが、使用することによって毛が生えてくることはありません。

 

生え際が薄い

サクセスの育毛トニックは効果がある?

シャンプーとは違い、商品にもしっかりと「育毛」と書かれている「サクセス育毛トニック」。

 

この育毛トニックの主成分を見てみると

トランス-3,4-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン、ニコチン酸アミド*、ピロクトン オラミ*、エタノール、精製水、二酸化炭素、無水エタノール、ユーカリエキス、黄杞エキス、トウガラシエキス、メントール、dl-カンフル、BG、イソノナン酸イソノニル、乳酸

となっています。

 

この中で育毛に良いとされている成分は「トランス−3,4−ジメチル−3−ヒドロキシフラバノン」。
略称が「t-フラバノン」ですが、このt-フラバノンは日本皮膚学会のガイドラインではC判定

 

「行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない」

 

と言う結果になっています。

 

値段が値段だけにあまり大きな期待はしないほうがいいと言うことですね。

では、育毛に効く成分は?

日本皮膚学会に認める育毛に効く成分は
ミノキシジル外用
フィナステリド内服
の2種類のみです。

 

AGA専門の病院などに行っても、処方される薬は上記の2種が含まれる薬のはずです。

 

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

治療方法(成分) 推奨度 推奨度の分類
ミノキシジル 外用 A 行うよう強く進められる
フィナステリド 内服 A 行うよう強く進められる
アデノシン 外用 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
塩化カルプロニウム 外用 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
t-フラバノン 外用 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
サイトプリン・ペンタデカン 外用 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
ケトコナゾール 外用 C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
セファランチン 外用 C2 根拠がないので勧められない